『さんどまめ』(^O^)

旬の野菜が美味しい季節になりましたよ~。

じつは福島県は全国有数の絹さやの産地なんです。

(2018年東京都中央卸売市場での取扱量は鹿児島県に次いで第2位)

「絹さや」は東日本中心の呼び方で、関西方面では「さやえんどう」と呼ぶそうです。

ちなみに郡山市西田町周辺では「さんどまめ」などと呼んだりしますが

つまり全て同じ食べ物ってことですね(県内ほかでも広く)。

そんな絹さやの美味しさにはまった息子(4歳)は

2週連続で実家から絹さやをカゴいっぱい収穫してきました。

“茹で絹さや”“絹さやみそ汁”“絹さやサラダ”“炒め絹さや”…etc

今週も我が家の食卓には絹さやが旬の彩りを加えます。

P.S.息子へ

いつも絹さやのスジ取りお手伝いありがとう。

父さんも絹さや好きだけど、たぶんもう、ひと夏分以上の絹さやを食べたよ。

市場金融部 S.S

(ふくぎんフォト通信 vol.844)

【アイコンをクリックして、家族や友人と話題を共有しよう♪】